土屋 公雄

記憶の風景

概要

作家:

制作年:2003

サイズ: H:6700 x W:16000 x D: mm

素材:アルミニウム, レンガタイル

プロジェクト : ミューザ川崎


かつて川崎駅西口には赤レンガ倉庫(旧国鉄の変電所)がありました。これは東海道線の電化のために設置されたもので、東京駅レンガ駅舎と同時に1914年に建てられました。川崎駅西口を利用する人々は90年近くこのレンガ倉庫を見てきました。土屋公雄はファサード(建物正面)を再現し、さらに屋根の稜線と、レンガ倉庫が床におとす影の縁に建物の歴史を記し、ミューザ川崎を利用する人々に土地の記憶を語りかけます。作品の傾きは、地下から記憶が湧きあがってくる様子をイメージしています。

IMAGE LIST