デルフィーヌ・コワンデ

ローズ・インテンシティ

概要

作家:

制作年:2003

素材:アルミニウム, ステンドグラス

プロジェクト : ミューザ川崎


デルフィーヌ・コワンデの作品は高層用エレベーターホールにあります。オフィスを利用する人々がエレベーターを待つ間、もしくは降りた瞬間に視線をひきつけられるように、たのしく明快な色彩と形態のアートワークを制作しました。

この作品は高音域の音や声がガラスを破壊することをイメージしています。天井から吊るされたローズ色の塊は音の波形を彫刻にしたものです。この波が奥のガラスに衝突し破壊します。破壊されたガラスは実際はグレーのガラスでできたステンドグラスです。デルフィーヌ・コワンデがデザインし、川崎市内で活躍するステンドグラス工房アートプレイスが製作いたしました。

IMAGE LIST