EXHIBITION

アジア女性作家シリーズ第1回 MAXIMAX by inri

開催概要

名称:
アジア女性作家シリーズ第1回 MAXIMAX
会場:fujikawa gallery / next
住所:大阪府

アーティスト

2001年から2003年にかけて清水敏男はフジカワ画廊大阪店におけるfjikawa gallery/nextのディレクターを務めました。 この展覧会はfujikawa gallery/next の最初の展覧会であり、北京を拠点に写真制作をしている女性アーティストinriを紹介しました。

20世紀の最後の10年、10代から20代の女性写真家が活躍をはじめ、自分の周囲を細やかな感性で撮影した写真作品を発表し、その作品は時代の感覚を鋭くとらえています。 しかしこの展覧会で紹介したinri はそのような女性写真家とは異なり、自分の周囲を撮影するのではなく、アーティスト自身で状況をつくりだし演出しています。 この展覧会の作品は歌手、尾藤桃子のCDジャケット撮影の準備として撮影されたものです。感性の最大限の爆発を捉えた一連の作品で構成され、モデルの女性の肉体と感性が精神のなすがまま解放されていく様がとらえられています。

この展覧会はアジア女性作家シリーズ第1回展覧会として開催され、鴻池朋子(日本)、熊文韻(中国)、ium(韓国)、蔡錦(中国、アメリカ在住)を続けて紹介しました。

オープニングファンファーレ
2001年6月26日
作曲:小室弥須彦、演奏:花石眞人、山田亮平、プロデュース:藤島寛

IMAGE LIST