ART AND CITY

東京ミッドタウン

清水敏男とジャン=ユベール・マルタンーー 世界で活躍するふたりのアートディレクターがアーティストを選出し、アートワークをプロデュースしました。東京ミッドタウン全体をさまざまな文化が出会う庭園と捉え、都市とアートの新しい関係を創ります。

メインアートはイタリア在住の彫刻家・安田侃による彫刻作品『意心帰』と『妙夢』。訪れる人々をやさしく出迎えます。
21世紀、アートは都市の重要な構成要素となりました。それは都市を美しくするだけではなく、人々の心に多様な働きかけをし、都市に新しい生命を吹き込む役割を演じます。
東京ミッドタウンのアートワークは、アートと都市がこうした新しい時代を迎えたことを告げるものです。
東京ミッドタウンでは、アートプロジェクトの当初からアートディレクターとアーティストだけでなく、施主、建築家、ランドスケープアーキテクトそしてインテリアデザイナーまで全ての関係者との緊密なコラボレーションによって計画が進められました。その結果、アートと建築が調和し、街や庭園の機能とも一体化したアート環境が実現しました。

建築概要

竣工年:2007
施主:三井不動産株式会社/全国共済農業協同組合連合会/明治安田生命保険相互会社/積水ハウス株式会社/富国生命保険相互会社/大同生命保険株式会社
設計:SOM/株式会社日建設計/隈研吾建築都市設計事務所/株式会社坂倉建築研究所
所在地:東京都港区赤坂9-7-1
アートディレクター:清水 敏男
アートコーディネート:トシオシミズアートオフィス

ARTWORK LIST