September 27, 2019

国際シンポジウムー新たな都市空間の創出とアートの役割ー 登壇のお知らせ

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

10月1日(火)早稲田大学で開催される国際シンポジウムに
アートディレクター清水敏男が登壇します。
シンポジウムは「新たな都市空間の創出とアートの役割」をテーマに行われ、
清水は「都市になぜアートが必要なのか」を発表します。ぜひご聴講ください。

 

日時:2019年10月1日(火) 16:30〜20:00

場所:早稲田大学戸山キャンパス文学学術院第10会議室

聴講無料、予約不要

主催: 都市と美術研究所

後援: 早稲田大学総合研究機構

登壇者:

五十殿利治氏(筑波大学特任教授・国立美術館理事)

マーティン・グロスマン氏(サン・パウロ大学教授)

清水敏男(学習院女子大学教授・TOSHIO SHIMIZU ART OFFICE代表アートディレクター)

※発表のタイムテーブルは以下のウェブサイトをご確認ください。

都市と美術研究所ウェブサイト: http://www.ramkatzir.com/category/news/

問い合わせ先:早稲田大学文学学術院坂上桂子宛
keiko-sakagami@waseda.jp

ARCHIVES