June 21, 2007

名古屋ルーセントタワーアートワーク「ライトフィールド」のHPをアップしました!




photo by Hirofumi Tani

名古屋ルーセントタワーアートワーク「ライトフィールド」のHPをアップしました!

2007年1月、名古屋駅前にオープンしました名古屋ルーセントタワーのアートワークを弊社がプロデュース致しました。名古屋ルーセントタワーアートワークは、「ルーセント(光、輝き)」という施設の名前にちなみ、「ライトフィールド(光の場所)」をテーマとしています。色とりどりのすてきな作品を、パブリックアートのページよりぜひご覧ください。

名古屋ルーセントタワーを訪れると、レースのように繊細で美しいシンボル彫刻が人々を迎えます。昼間は太陽の木漏れ日が床に影を落とし、夜は美しく照明されます。建物のなかでは大きなダイヤモンドのリングが周囲の光をすべて反射しきらきらと輝いています。オフィスエントランスの黒い壁に取り付けられた大きなレリーフの前を歩いてみてください。歩くにつれ輝きが変化していくことでしょう。地下のサンクンガーデンでは床と壁が万華鏡となり、カラフルな光が訪れる人を包み込みます。そして名古屋駅とルーセントタワーを結ぶルーセントアベニューには光と影の不思議な世界が広がっています。(HPより)

名古屋ルーセントタワーアートワーク概要

アートディレクター:清水敏男(美術評論家、学習院女子大学教授)
アートコンサルタント: TOSHIO SHIMIZU ART OFFICE
作品数:7点
作家数:7組(各作家1点
建物名称:名古屋ルーセントタワー(http://www.lucent-tower.jp/

所在地:愛知県名古屋市西区牛島町627番
建築主:牛島市街地再開発組合
設計監理:株式会社日建設計
施工:大成建設

ARCHIVES