May 14, 2010

上海プロジェクト第2弾「金門玉堂」2010上海万博


Anish Kapoor, Untitled, 2010

2010/5/1-10/31

上海万国博日本産業館(浦西会場ZoneD 企業館ゾーン)

参加作家:アニッシュ・カプーア

総合アートディレクター:清水敏男

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 5月1日にオープンした、2010年上海万国博日本産業館。TOSHIO SHIMIZU ART OFFICEでは、トステムのブースのアートディレクションを行っています。

 トステムブースは「夢のあるくらし 金門玉堂」をテーマに、彫刻、映像、音楽、建築、光を用い、中国において「幸せの象徴」を意味する「金門玉堂」を表現します。彫刻家アニッシュ・カプーアが美しく輝く「金門」を制作し、「玉堂」は新時代の建築家として国際的に高い評価を受けている藤本壮介氏がデザインしました。さらに音楽は中国を代表する作曲家陳牧聲が担当し、訪れる人が幸せになっていただけるように演出します。

 詳細は以下ホームページをご参照下さい↓

http://www.tostem.com.cn/showroom/shanghai/event/opendoors/

(英中)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

タイトル:「夢のあるくらし 金門玉堂」

会  場:上海万国博日本産業館(浦西会場ZoneD)

アーティスト:アニッシュ・カプーア(彫刻家)

総合アートディレクター:清水敏男(学習院女子大学教授)

総合プロデューサー:藤本壮介(建築家)

音楽ディレクター:陳牧聲(作曲家)

ヴィジュアルディレクター:油谷勝海(アート・ディレクター、写真映像作家)

ピアニスト:牛牛

琴奏者:李祥霆

歌唱 :楊声

ARCHIVES