December 20, 2011

中国温州市のシンボル「茶花」の彫刻をプロデュース

中国温州市の「温州鹿城広場プロジェクト」の住宅棟にアートワークをプロデュースしました。

温州市は中国で富裕層の一番多いと言われる都市です。鹿城広場はその温州市の最もモダンなエリアに位置する、住居棟・商業施設・オフィス棟を配する大規模複合施設で、清水はこのプロジェクト全体のアートディレクションを務めています。このたび、全体の完成に先駆けて、住居棟のエントランスシンボルとして、五味謙二によるアートワークをプロデュースしました。五味氏が温州市のシンボルである茶の花をイメージし、球形に花の持つ生命力と美しさを表現した、白い瀟洒な彫刻。中国国内の工場との緊密な連携により、日本での制作と遜色のないディテールを実現しました。
住居棟のお披露目には、レッドカーペッドが敷かれ、人々を上品に温かく迎え入れていました。

 

花

 

花

 
■温州鹿城広場一期住宅棟アートワーク
作品タイトル:花
アーティスト名:五味謙二
アートディレクター:清水敏男
クライアント:温州緑城房地産開発有限公司

 

設置場所:温州鹿城広場プロジェクト一期住宅棟南入口
制作年:2011年
材料:ステンレス
サイズ:H2.0×W2.0×D1.8m

 

■Biography

五味謙二 / Kenji Gomi
1956年 長野県岡古生まれ 現在東京在住
1979年 日本大学芸術学部美術学科彫刻課卒
1985~95年 環境美術研究所在籍

主要作品・展覧会:
1992年 広島ビッグアーチ アジア競技大会 聖火台(広島)
1993年 ウェルサンピア浜松中庭彫刻(静岡)
1994年 富田林斎場中庭彫刻(大阪)
1996年 綾瀬新市庁舎モニュメントコンペ当選(神奈川)
2001年 第19回現代日本彫刻展出品(山口)
2007年 豊田厚生病院1F/2F光庭彫刻(愛知)
2008年 釜山ビエンナーレ彫刻プロジェクト展招待出品(釜山 韓国)
2009年 Big Rock Garden Park 彫刻展(ベリンハム 米国)
2011年 Proud Tsunashima River Front中庭彫刻(神奈川)
温州鹿城PLAZAエントランス彫刻(温州 中国)
In Family Unity – Unity of the World展(モスクワ ロシア)

ARCHIVES