May 16, 2012

「ニワトリが先かタマゴが先か ラム・カツィール展」開催                       4月23日(月)~6月1日(金) 学習院女子大学文化交流ギャラリー

清水が教鞭をとる、学習院女子大学で、イスラエル/オランダの彫刻家ラム・カツィールの展覧会を開催中です。
  
ラム・カツィールは1969年イスラエルに生まれ、オランダで彫刻を学び、アムステルダムを拠点に世界的に活躍しているアーティストです。
ラム・カツィールの作品はつねに社会的な視点をもち、彫刻が置かれる場所とさまざまな関係を結ぶことが特色です。
作品はユーモアに溢れ、老若男女が率直に楽しめるものとなっています。
  
近年は北京にもアトリエを構える一方、日本でも盛んに創作活動を展開しています。
日本では、弊社プロデュースの本年3月に完成した横浜三井ビルディング入口の作品「Grow」が最初のパブリックアートです。
本展覧会では6点の作品を紹介します。
  

■会 期:4月23日(月)~6月1日(金)9:00-16:30(土曜日は12:00まで)
■休館日:日曜日・祝日
■会 場:学習院女子大学 文化交流ギャラリー(2号館1F)
■主 催:学習院女子大学2012年度学芸員課程博物館実習
■展覧会企画:清水敏男(学習院女子大学日本文化学科教授)
■お問い合わせ:162-8650 東京都新宿区戸山3-20-1 03-3203-7437 担当:学芸員課程事務室(4号館1F)
■入 場:無料(ただし、守衛所で入構許可を得て下さい。

→詳しくはこちら
  

ラム・カツィール「Grow」

ラム・カツィール「Grow」

ARCHIVES