EXHIBITION

クリエイションの未来展 木村恒介「光素(エーテル)の呼吸」

Outline

Title:
「クリエイションの未来展」第1回 清水敏男監修「木村恒介展-光素(エーテル)の呼吸-」
Date:2014.09.04(Thu) - 2014.11.24(Mon)
Place:LIXILギャラリー
Address:東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル
企画:LIXILギャラリー
制作:株式会社LIXIL

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

LIXILギャラリーは2014年9月より、新企画「クリエイションの未来展」を開催します。日本の建築・美術界を牽引する4名のクリエイター。清水敏男(アートディレクター)、宮田亮平(金工作家)、伊東豊雄(建築家)、隈研吾(建築家)を監修者に迎え、それぞれ3ヶ月毎の会期で、独自のテーマで現在進行形の考えを具現化します。

 

「クリエイションの未来展」の初回は、アートディレクター清水敏男監修のもと、若手アーティストの木村恒介の展覧会を開催。
本店では、巨大なミラーを使ったインスレーション作品1点を含む新作4点を展示。
目に見えている現象は果たして真実なのか、ふと疑う時がある。視覚にはさまざまな制限があり、おそらく見ているものやことは主観と真実の混合物なのだ。たとえば鏡は真実を映すと考えられているが、これほど不確かなものはない。そこに映っているのはやはり不確かな現象にすぎないのだ。木村恒介はそうした不確定性を明示する。鏡はすでに普通の鏡ではない。鏡は呼吸し、不確かなエーテル(光素)を送り続ける。真実があるのだとすれば、オルフェのようにその現象の奥にわけいり、自分でそれを見つけなくてはならない。真実はたやすく入手できるものではないのだ。カメラもまた真実を映すことはない。木村恒介のカメラは風景を映すが、その姿は、鏡の場合とおなじように、現象がいかに不確かであるかをさらけだす。風景は幾条かの光素のすじとなり、そのすじたちはしかしよく見れば光の粒子の集合でしかない。真実をつかみたければ、エーテル(光素)が呼吸するその寸隙をついて「向こう側」へ行き、真理の扉を叩くほかないのだ。 (清水敏男)

 

*19世紀まで光はエーテルという宇宙に満ちた媒質が伝えると考えられていた。
*「エーテル(光素)の呼吸」は宮沢賢治の詩「春と修羅」による。「…れいろうの天の海には聖玻璃の風が行き交ひZYPRESSEN春のいちれつくろぐろと光素(エーテル)を吸ひ…」

 

 

関連企画
トークショー 土屋公雄+清水敏男+木村恒介
2014年10月3日(金)19:00-20:00

IMAGE LIST

Photo by : Kohsuke KIMURA