EXHIBITION

Placebo and Tonic

Outline

Title:
Placebo and Tonic
Place:ISE CULTURAL FOUNDATION GALLERY, New York, U.S.A.
Address:ニューヨーク

Artist

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

周鉄海は上海で制作しているコンセプチュアル・アーティストです。上海の美術大学では絵画を学びましたが卒業後はもっぱらコラージュを制作し、既存の図像 の使い方を習得しました。周鉄海は、現代社会が求めているのは旧来の物質としての絵画ではなく、図像としての情報であることを鋭く指摘し、なおかつそうし た軽い図像に囲まれた世界を自分でも楽しんでいます。作品は自分で製作するのではなく画家のアシスタントを雇用し、既存のどの図像をどのように使うかのみ を指示して自分の絵を描かせるという徹底したコンセプチュアルな態度を貫きます。しかしどの図像をどのように使うかについてはしたたかな戦略をのぞかせま す。ニューヨークでの展覧会では中国絵画史上の傑作を拡大し、キャンバスにエアブラシで描いたものを出品しました。それらの作品は、ニューヨークという現 代美術の中心において「中国的なるもの」のアピールするというよりは、中国にエキゾチックなものを求めるニューヨークの美術マーケットの特性を理解した上 で、そのマーケットに侵入していくことを意図した選択でした。つまり、これらの作品は、「中国的なるもの」を求める現代の欧米の美術マーケットに対する偽 薬であり強精剤なのです。欧米のコレクターやキュレーターたちは、こうした作品を見て(つまり偽薬を飲んで)安心し(治療され)そして元気になる、という わけです。