ART AND CITY

Tokyo Midtown

二人のアートディレクター、清水敏男とジャン=ユベール・マルタンが 世界で活躍するアーティストを選定、アートワークをプロデュースしました。東京ミッドタウン全体をさまざまな文化が出会う庭園に見立て、都市とアートの新しい関係を提案します。メインアートはイタリア在住の彫刻家・安田侃による二つの彫刻作品『意心帰』と『妙夢』です。東京ミッドタウンを訪れる人々をやさしく出迎えます。
21世紀を迎えアートは都市を構成する重要な要素となりました。アートは都市を美しくするだけではなく、人々のこころにさまざまに働きかけ、都市に新しい生命を吹き込む役割を演じます。
東京ミッドタウンのアートワークは、アートと都市がこうした新しい時代を迎えたことを告げるものです。
東京ミッドタウンのアートプロジェクトでは、計画の当初からアートディレクターとアーティスト、施主、建築家、ランドスケープアーキテクト、インテリアデザイナーなど全ての関係者との緊密なコラボレーションによって計画が進められました。その結果、アートが建築と一体化し、さらには街や庭園の機能とも調和したアート環境が実現しました。

Outline

year:2007
Development:Mitsui Fudosan Co., Ltd. / National Mutual Insurance Federation of Agricultural Cooperatives / Meiji Yasuda Life Insurance Company / Sekisui House, Ltd. / Fukoku Mutual Life Insurance Company / DAIDO LIFE INSURANCE COMPANY
Architecture:SOM / Nikken Sekkei Ltd / KENGO KUMA AND ASSOCIATES / Sakakura Associates architectes and engineers
Address:9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo
Art Director:Toshio Shimizu
Art Coordinate:TOSHIO SHIMIZU ART OFFICE
Map: