EXHIBITION

ジェームズ・タレル 未知の光へ

開催概要

名称:
ジェームズ・タレル 未知の光へ
期間:1995.11.03(Fri) - 1996.01.28(Sun)
会場:水戸芸術館

アーティスト

光を素材に自然、超自然との対話をテーマとするアメリカ人作家の日本で初めての個展。ジェームズ・タレルは、表現的にはモダニズム美術とくにミニマリスムというアメリカ美術の流れを汲みながら、クエーカー教の信仰をベースとし、超自然との対話を求めている点で、カウンターカルチャーとしてのヒッピー文化を継承しています。また内面の目が見る光を求めるという点で強い精神性を見せており、モダニズムとは一線を画すものです。

IMAGE LIST